レズビアンパーソナルペースでの嫌悪感について

男性同士の同性愛であるゲイと、女性同士の同性愛であるレズビアンという物は同じようで実は受け入れられかたが違うことが多いのですね。

例えば、男性同士の同性愛であるゲイというのは女性よりも男性に嫌悪されることが多い物なんです。

もちろん、受け入れこそしなくとも偏見を持たない男性もいれば逆に女性もゲイに対して偏見を持ったり、不快感を持ったりすることもありますが、それでも男性に比べると女性のほうがゲイに対して偏見を持たないことのほうが多いんですね。

しかし、逆にレズビアンはどうなのかというと実はこちらに関しては同性である女性よりも男性に嫌悪されることが多いんです。

中には、レズビアンを一種の性的趣向だとして好む人もいるのですが嫌悪する比率も男性のほうが多いのです。

実は、女性というのはこのレズビアンという物に対して性的趣向を持つことはなくとも嫌悪感を持つことは殆どないんですね。

実際、男性同士よりも女性同士のほうがパーソナルペースがとても狭いので同性愛者でなくても距離が近かったり、スキンシップが平気だったりと、性質的に同性愛に近い感覚を持っている女性が多いのです。

それゆえ、同性から嫌悪されることが少ないというわけですね。