レズビアンに対する世の中の動き

レズビアン、という性趣向は長らく強い偏見を受けてきた物ではあるのですが近年ではヨーロッパを中心に欧米圏ではレズビアンの人たちの人権が法律的に保護されるような動きを見せてきました。

実際、それほど多くはないのですが同様にオランダ、ベルギー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド、カナダ、南アフリカ共和国などでは女性同士の結婚が法制化されているなど、レズビアン同士の婚姻を認めている国もあるんですね。

昔に比べると、レズビアンという物に対する偏見は随分と無くなって来ており、カミングアウトを自分たちで行うことができるというようなことに対して思い悩んでいた人たちが救われたというような人たちもいます。

しかし、その一方で西側諸国などではレズビアンのような同性愛という物は厳しい処罰を加えられる物で場合によっては死刑になってしまう、というような物すらもあるのです。

とは言え、こう言った文化における法律なども今では随分と緩和され始めており、世界的にもレズビアンのような同性愛という物が受け入れられつつあるわけです。

しかし、心理的には受け入れられない人もまだまだいますので根の深い問題ではあります。

 

レズビアンに対する感覚

同性愛というのは、テレビドラマや映画でも取り上げられることが多いのは比較的男性同士の同性愛が話に上がることが多いですね。

しかし、女性同士の同性愛という物も同様に存在しており分かりやすい言葉ではレズビアンやレズというような呼ばれ方をしていますね。

あまり、日本では浸透していませんがカジュアルな呼び方としてダイクというような言葉を使うこともあるようです。

レズビアン、と呼ばれる女性の同性愛というのは性同一性障害と違い肉体が女性でありながらも、意識が男性としての物であるのとは違って自己意識が女性でありながらも女性を恋愛の対象や性の対象として見るというような物のことを言います。

現在では、日本では特にレズビアンのことをビアンと呼ぶことが多く90年代ごろにレズビアンの女性たちがレズという呼称を嫌い、自分たちで使い始めた呼び方となっているのですね。

特に、このレズという言葉は現在では蔑称的な意味合いで取られることが多く殆どの場合女性が自称するのはビアンと呼ぶことが多いんですね。

男性同士の同性愛と同様に、レズビアンという性趣向もだんだんと世の中で受け入れられるようになって来てはいるのですがまだまだ偏見が残っていますね。

しかし、国家によっては同性愛同士の婚姻を認めたりするような場所もあり、レズビアン同士の婚姻実例も徐々にではありますが増えてきているのです。

レズビアン、という性趣向に関しては男性同士の同性愛よりも比較的受け入れられやすく、むしろそれを取り扱ったような性趣向作品なども世の中に出回っていることも珍しくありません。

実際、2000年代では日本でも百合ブームと呼ばれるレズビアンを取り扱った作品などが多数世の中に出回りましたね。

AVなどでも、AV女優同士の絡みを取り扱ったいわゆるレズ物というような作品もあるように、レズビアンという感覚には実は女性同士の同性愛という物だけではなく、女性同士の性関係に対して性的興奮を覚えるというような男性の性癖も関係しているのです。

実際、百合物やレズ物と呼ばれるようなアダルト作品に関しては好む男性がかなり多数いて、同性愛に対して理解を示しているわけではないが、自分の性趣向としてレズビアンという物を好んでいるような男性もいるんですね。

ある意味、男性の同性愛に比べられると社会的というよりは心理的に受け入れられやすい物ではありますが、それを不本意に思っているレズビアンも少なくはないようです。